倉敷天領物語

花魁道中 参加申込み

花魁とは

花魁と聞くと江戸時代の遊郭の遊女を連想されることでしょう。

遊女には厳しい階級があり、そのトップの花魁になるには、美貌だけではなく教養も必要でした。

特に読み書きや書道は男性に手紙を書く上でも必要でした。幼少期から琴・三味線・歌・茶道などの芸事はもちろん、古典や囲碁といった教養も兼ね備えているスーパーレディでした。

花魁道中のトップ花魁は、町娘にとっては今のファッションリーダーで、その着物の柄は彼女たちの憧れでもありました。

京都島原のトップ花魁ともなると、5万石の大名と同じ位で御所に入ることもできたと伝えられています。

倉敷花魁道中について

平成30年「西日本豪雨災害」
この時倉敷市は大きな被害を受けました。
世界的に有名な観光地・倉敷美観地区は、その2次的被害で観光客が大幅に減少しました。

そんな美観地区を、一番元気だった江戸の街を再現して活気つけようと行われたのが豪雨復興イベント「倉敷天領物語〜koi〜」です。
その中でも「倉敷花魁道中」は3万人もの人出があり毎年の恒例行事になりました。

1987年公開の名取裕子さん主演の映画「吉原炎上」の原作者は倉敷出身の洋画家斎藤真一です。
名取裕子が買われていく小さな港町は倉敷市児島の設定でした。


お問い合わせ先

倉敷天領物語実行委員会(株式会社明日絵)
〒710-0054 岡山県倉敷市本町9-30
TEL:086-425-3903
FAX:086-425-3908
E-mail:info@jidaimono.jp